×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

よく使うEXCEL関数

IF関数

=IF(条件式,値1,値2)
条件式が成り立てば値1を成り立たなければ値2を返す関数です。
これが、一番使う関数だと思います。システムトレードは条件の組み 合わせですから!

AND関数

=IF(AND(条件1,条件2,・・・),値1,値2)
このようにIF関数の条件式にいくつかの条件がすべて成り立てば値1を 1つでも成り立たなければ値2を返すという様に使います。

OR関数

=IF(OR(条件1,条件2,・・・),値1,値2)
このようにIF関数の条件式にいくつかの条件の中で1つでも成り立てば 値1を1つも成り立たなければ値2を返すという様に使います。

AVERAGE関数

=AVERAGE(範囲)
範囲内の平均値を返します。移動平均線等を求める時等に最適です。

COUNT関数

=COUNTA(範囲)、=COUNTIF(範囲,検索条件)
まだいくつか有りますが私が良く使うのは、この2つですそれぞれ文字 や数値、式などのデータが入力されているセルを数える、検索条件に合 うセルを数える。
私は、主に売買回数を数えたり、勝ち負けのトレード回数を数えるのに 使います。

IS関数

=ISERROR(テストの対象)
テストの対象がエラーの値を返す時TRUEを返します。
計算式でエラーが出る場所のセルに空白を入れたりするのに使います。
条件を変えたときにもエラーが出ないようにする為に使ってます。




他にもありますが機会があればアップします。
Copyright (C) 2006 systemtrade.ninpou

作成メニューへ

topページへ